会話 恋愛

なかなか距離が縮まらない…上手くいかない意中の相手との会話の修正すべきポイントは?

2022年9月6日

恋愛 - 会話
恋愛 - 会話

興味のある異性とは、誰でも上手くいきたいと思うのが普通のことだと思います。
しかし、いまいち距離が縮まらず上手くいかない意中の相手。
なかなか関係が深まらなかったり、距離が縮まらない好きな相手がいる場合、会話を振り返ってみる必要があるかもしれません。
どんな事に気をつけてどんな事を修正すれば良いでしょうか?

4つの事に気をつける

テンションに気をつける

どんなステキな言葉でも不機嫌そうな言い方をされたら、嬉しさも半減…最悪の場合は逆効果にもなりかねません。

喜んで欲しいのであれば、不機嫌な表情で言っていないか見つめ直してみましょう。
言葉も大事ではありますが、言い方やテンションにも気を配ってみましょう。

自信を持つ

自信を持っていないと、どんなステキな言葉も魅力が半減されてしまいます。
半減されてしまっては、せっかく勇気を出したのに伝わらないかもしれません。

恥ずかしいという気持ちを持つのは悪いことではありませんが、相手に気持ちを伝える場では、ある程度覚悟をして思いを伝えるようにしましょう。

ストレートに伝える

意中の人に思いを伝えたつもりでも、貴方の伝えたと思っている半分も伝わっていないかもしれません。

「貴方と一緒にいて、楽しかったです」

ということを口に出したとしても、相手にはどう伝わったかわかりません。

捉え方は相手次第なので、思っているよりも気持ちが伝わっていない可能性があります。
ストレートな表現はとても大切です。

過剰な表現は必要ありませんが、自分の中だけで「伝わっているだろう」という思い込みには気をつけましょう。

今の気持ちを伝える

これもストレートな表現と近いものがありますが、あらかじめ用意されたセリフではなく、一緒にいるときの感動を伝えてみることは相手との距離を近づけることができます。

臭いセリフやキザなセリフばかりではなく、今一緒にいて起こった出来事に対する感動を共感しあうことができれば、距離は確実に近くなっていくはずです。

まとめ

いまいちうまくいっていないと感じたとき、意中の相手との会話を思い返してみましょう。

  1. テンションに気をつけること
  2. 自信を持つこと
  3. ストレートに伝えること
  4. 今の気持ちを伝えること

これらを意識するようにしてみましょう。
そして、笑顔で会話していることを心がけることを忘れずにいましょう。

また、相手の状況もしっかり把握しておくことも大切です。
余裕がないときに話しかけられても、良い対応ができない状態かもしれません。

-会話, 恋愛
-, , ,