ビジネス マナー

ビジネスシーンでは基本中の基本…名刺交換をする際に気をつけることは?

2021年9月16日

マナー - ビジネス
マナー - ビジネス

名刺交換のマナーや正しい渡し方を知っていますか?ビジネス上、名刺は大切なツールであり名刺交換は基本中の基本です。

新入社員であれば多少の失敬なら許されるかもしれませんが、入社して数年たっているのに「知らなかった」では笑って済まされません。
名刺交換をする際に気をつけることはなんでしょうか?

「なんとなく」のやり方をしてしまっている人もいるかもしれません。
名刺交換の基本をしっかりと抑えておきましょう。

名刺交換のビジネスマナー

一般的に名刺交換する場合には目下の人から先に差し出すものとされます。
ですが、近年では同時に交換することが多くなっています。

名刺入れを手元に置いておき、すぐに取り出せるようにしておきましょう。

  1. 相手の顔を見ながら「はじめまして」と言ってから会釈をして近づいていきます。
  2. 自分の名前を紹介しながら名刺を両手で出し、渡す直前に名刺を右手だけで持ち、相手の方の左手に置くようにします。
  3. 名刺を受け取ったときの高さは胸の位置を意識します。
  4. 先方の名刺を両手で受け取ったら名前を読み上げ「よろしくお願いいたします」と挨拶をします。この際には直接向かい合って挨拶をするようにしましょう。
  5. 受け取った名刺は、すぐに名刺入れにしまわないようにしましょう。立っている間は名刺入れの一番上に持ちます。椅子に座ったタイミングで名刺入れの上に重ねて置いておきます。
  6. 名刺をしまうタイミングはその場の雰囲気で判断します。基本は、相手の名前を覚えるまでです。

名刺にメモをすること

名刺交換をした際に相手の方の情報をメモをすることは、後に迷わずに済むのでとても便利です。
しかし、その場でメモをすることは失礼に当たります。

名刺はその人の顔

当然のことですが相手の目の前で名刺にメモをすることはいけません。
メモをすぐに書かないと忘れてしまいそうな気がする方もいらっしゃるかもしれませんが、名刺にメモを書き込むのは先方の見えないところで行うようにしましょう。

名刺はその人の顔であることを忘れないようにしましょう。

夏場の名刺の入れておく場所

夏は上着を着ない方も多いと思います。
そこで、名刺の入れ場所に困ってしまうこともあるかもしれません。ズボンの後ろポケットの財布や定期入れから出し入れするのもよくありません。

シャツの胸ポケット

名刺は身分証明書でもあるので、専用の名刺入れに収め、上着を着用しない季節はシャツの胸ポケットに入れて保管する必要があります。

上着を着用している時期であれば、専用の名刺入れに収め胸ポケットに入れるようにします。

まとめ

名刺交換をする時、気をつけなくてはならないことが沢山あります。
相手の名刺を受け取った時には会社のロゴや氏名などは避け、余白部分を持つなども注意が必要です。

相手を不快にさせない為にも、きちんとしたマナーを知っておく必要がありますので、身につけておきたいものですね。

-ビジネス, マナー
-, ,