雑学 社会

宗教的に服装の決まりがあるの…?イスラム教徒の女性が肌を隠す理由は?

2021年11月22日

雑学 - 社会
雑学 - 社会

イスラム教徒の女性のイメージとして、肌の露出をせず、頭からスカーフのようなものをかぶってるイメージです。
目元だけを出していれば良いのでしょうか?髪の毛は出してはいけないのでしょうか?
なぜ肌の露出の制限をされているのでしょうか?イスラムの女性は服装の決まりがあるのでしょうか?

女性を守るためであり、宗教上の理由

まずイスラム教徒のことを、ムスリムといいます。
ムスリムは世界に約18億人もいると言われており、世界人口の1/4をも占める割合となっています。

イスラム教の倫理は「人間は弱いものだ」という前提から成り立っています。

人間は意志が弱いので、女性が肌を露出して歩いていると男性の理性を崩壊させてしまうと考えているそうです。
つまり理性が崩壊した男性からの性暴力を危惧しているのです。

更にイスラム教には婚前の性交渉についても規律があり、それを遵守する為にも肌の露出を避けなければならないという事です。

両手と顔以外を隠せば良い

イスラム教の聖典「コーラン」によると「両手と顔以外の美しい部分を隠せ」と書いてあります。
特別、黒い服を着なくてはいけないとか目以外を隠せなどというルールがあるわけではないそうです。

同じムスリムの女性でも、世界を見ると明るい色のベールをまとったり皆違う服装をしているのがわかります。

ベールの種類は色々ある

服装は自由ではありますが、ムスリムの女性に共通していることは「髪を隠す」ということです。
髪の毛を隠すスカーフやベールは色々なものがあり、呼び名も違います。

ヒジャブ

髪の毛と首をスカーフで覆っています。

ニカブ

目以外を覆ったスタイルです。色は黒が基本です。

シェイラ

長いスカーフをゆるく巻きつけるスタイル。

ブルカ

全身を覆うスタイルで、目の部分は網目状になっています。

まとめ

ムスリムの女性達が、なぜ肌を隠す格好をしているというと「女性を守る」といった理由からでした。
基本、ムスリムの女性の服装に求められているのは、むやみやたらに男性からの目を引かないような、慎ましいモデストファッションをするということなのでしょう。

モデストファッションとは、肌の露出をせずに体のラインもでないような服装のことです。

例えば慎ましい格好をしているムスリムの女性が、肌を露出して堂々と歩いている女性を見るとどういったことを思うのか気になります。

同じ世界に存在しているけども全く違う種類だと思うのか、男性からの目を気にしないのかしら、と心配になるのでしょうか。
宗教上の問題もありますし、どんな服装をするかは人それぞれの自由ですがムスリムの女性には質問してみたいことは結構あります。

「自由な服装ができなくてかわいそう」と思う人もいるかと思いますが、隠す美しさというものから魅力を感じる人もいるのではないでしょうか。
逆に、男性からしたら隠されているから余計に興味を持ってしまうパターンの方もいらっしゃるかもしれませんね。

-雑学, 社会
-, , , ,