恋愛 女性

飼っているペットと女性の心理とは?

2021年11月16日

恋愛 - 女性

最近では一人暮らしの女性が室内で手軽にペットを飼っているということを聞きます。
そもそも、ペットを飼う女性の心理とはどういったものでしょうか?

ペットを飼っている人は沢山います。
猫、犬、小動物、爬虫類など。

動物は人間と違って、反抗や憎まれ口も叩くこともない、最高のパートナーです。
だからこそ、ペットを飼う人は急増しているのでしょう。

特に女性がペットを飼う事による理由としては、心理的に子どもを育てたいという欲求を満たすためだとも言われています。

優しさと癒し

小動物や猫といったものではなく、ゴールデンレトリーバーを飼っている女性がいたならば、それは誰かに癒されたいと思っている確率が高いです。

大型犬に属するゴールデンは、元々盲導犬や人命救助犬として活躍しており、人と接するのが大好きで性格も温厚です。
更に、無邪気で甘えん坊な一面もあるようです。

この犬をペットに選んだという心理の奥には、ただ単に可愛いから飼っているだけではなく、日常の生活で色々なストレスを抱えているからこそ、ゴールデンがもつ人を包み込む優しさに癒しを求めている可能性が高いです。

動物は癒しといいますが、特にこの種の犬の場合は、寂しさを埋めてくれる癒やしの存在なのでしょう。

独身女性がペットを飼うと結婚が遠のく?

巷では、独身女性がペットを飼うと結婚が遠のくとも言われているそうです。
その理由としては、ペットがいるから寂しくないという現象が起こるからだそうです。

冒頭でも書きましたが、小動物含めて犬や猫などは、人間と違って反抗したり憎まれ口を叩いたりしません。
100%打算なしで、純粋で真っ直ぐな愛情を飼い主に向けてきます。

つまり、既に日頃からペットを一緒にいることで最大の癒やしを感じているので、寂しくもないから彼氏も特に必要ないと感じ、結婚が遠のいてしまうのかもしれません。

もし意中の女性がペットを飼っていたら...デートに誘っても、なかなかOKがもらえないかもしれませんが、自分も動物が好きならそこをアピールすれば、共通の好きな事がきっかけで距離が近づくチャンスになるかもしれません。

-恋愛, 女性
-, , ,