恋愛 テクニック

ただの相談相手から恋愛の発展をするには?

2021年11月16日

恋愛 - テクニック

「恋の相談をしていた相手の異性と、恋愛に発展した」
この流れは何故起こりやすいのでしょうか?
そして、ただの相談相手から恋愛に発展するにはどういった方法があるでしょうか?

この場合で多いのは、男性が女性に相談するよりも、女性が男性に相談するというケースのほうが多いのではないでしょうか。
好きな人の相談をしていたのに、相談相手が好きになってしまった...。この心理にはきちんとした理由があるそうです。

好きな人には言えない本音で話せるから

好きな人や恋人の悩みを話すわけですから、本人には言えない内容という事になります。
その本人には言えない悩みを話せる相手なので、よほど気を許している相手という事になります。

相談相手としても、そんな悩みをうんうんと聞いてアドバイスしてくれるのも、どうでもいいと思っている人にはしないはずです。

恋愛に対する話を本音で話し合うことができるのは、信頼関係があるからです。そこまで気を許している相手なら、いつ恋愛感情を抱いてもおかしくはありません。

しっかりと聞くこと

例えば相手からの恋愛相談には乗っているけども、恋愛になかなか発展しない人の場合は、どうやって面白い話をしようかと考える人も多いかもしれませんが、この場合、全くの逆です。

もちろん、それに対するアドバイスや質問もあるかと思いますが、そこは後回しです。
大切なのは、まず相手の言葉に耳を傾けることです。

「しっかりと聞き手に回って、真剣に悩みを聞いてあげる事」

頑張りすぎないでという言葉は相手の心を軽くする

そして、せっかく心を開いて相談してくれたのですから、相談を受けたら相手の心を閉ざさないようにしたいところです。
「誰に相談しても理解してくれない」と思ってしまうと、相手は孤立した気持ちになってしまいます。

実際のところ、理解しているつもりになっていても相手の本当の気持ちはわかりません。
「頑張って」という言葉よりも「頑張りすぎないで」という言葉の方がいいかと思います。

普段から頑張っているという気持ちを持たせてあげることができますし、相手も「この人に相談して良かった、この人の方が自分を理解してくれる」と思ってくれるかもしれません。

自分なら幸せにできるのに、という自信が湧く

恋愛の相談を受けて、話を聞いたりアドバイスをしているうちに、相手の泣いて悲しんでいる姿を見ている事になるわけです。
その際「自分だったらこんなに泣かせるようなことはしないのに」と思うようになります。

そう思うという事は、もうその相手に心が動いてしまっている証拠です。
「自分の方が相性が良いのではないか?自分ならもっと大事にできるのに」と気付き始めたら、恋愛に発展してしまうのも時間の問題ではないのでしょうか。

-恋愛, テクニック
-, ,