恋愛 行動

他の人よりも1番の理解者でありたい…好きな人にとって特別な存在になるには?

2021年11月16日

恋愛 - 行動
恋愛 - 行動

誰しも、好きな人にとって特別な存在になりたいと思うものです。
そもそも特別な存在とはどういう存在なのでしょうか?

一般的には自分を深く理解してくれて、一緒にいて居心地の良い相手を特別な存在だと感じることが多いそうです。
周りのどんな人間とも違う、一生涯続くような繋がりこそが特別な存在なのかもしれません。

相手にとって特別な存在になりたい時には、どうすればいいのでしょうか。
どんな方法があるでしょうか?

特別な行動を示す

相手にとって特別な存在になりたかったら、他の人にしないような特別な行動をしてみると良いかもしれません。
そしてできれば継続して行えることをして、1回だけで終わらないようにしましょう。

彼氏(彼女)にはするけど以前の彼氏(彼女)にはしてこなかったこと、世界中でその相手にしかしていない事というのは、当然相手も嬉しいものです。
行動だけでなくても、相談事もそうかもしれません。

そして「こんな相談をするのは貴方が初めて」と伝えることが重要です。

誰もが特別な存在になりたいと思うかもしれませんが自分の欲望は後にして、自分がそうされたいのであれば、まずは自分から行動するようにしましょう。
そこからの行動が後の2人の幸せになるかもしれません。

自立した関係

「今までの人とは違う」「あなたみたいな人は初めて」
こんな言葉を言われたら、特別な存在として見られているという事なのかもしれません。

しかし、相手に依存したり相手の事ばかり考えているという状況ではいけません。
自立して自分をしっかり持っているからこそ、誰かの特別な存在になれるのではないでしょうか。

今まで出会った事のないような新鮮な人だからこそ、特別な存在になれるのです。

「四六時中一緒にいたい」「何をやるのも一緒がいい」などとべったりな関係ではなく、互いにそれぞれの時間を大事にできて、相手の趣味や交友関係にも干渉せず、お互いに自分の時間を楽しめるような関係の方が特別な存在になるのではないでしょうか。

まとめ

対等で尊重しあえる、そんな特別な存在は精神的な最上級の繋がりを表しています。

しかし、そんな特別な存在である相手を自分の存在意義にしたり依存してしまうと、素晴らしい関係が一瞬で崩れ落ちてしまいやすくなります。

いくら特別な存在だからといっても、他人です。
一線をきちんと引けて互いに自立できた関係であるならば、ずっと良い関係が続けていけるのではないでしょうか。

-恋愛, 行動
-, , ,