恋愛 行動

長く一緒にいすぎて新鮮味を感じなくなった…倦怠期の解決方法は?

2022年2月7日

恋愛 - 行動
恋愛 - 行動

付き合った当初は楽しかったのに付き合いが長くなってくると、新鮮味がなくなってきて、倦怠期かと不安になることもあるかもしれません。
それに長くなってくると会った時間や話し合った時間にもよりますが、相手のことが比較的わかってきているので、新しい発見をすることも困難です。
どのような解決方法があるでしょうか?

倦怠期はなぜ訪れる?

倦怠期は、長く付き合っているカップルに訪れやすいもので「恋人に対する慣れや飽き」のことを指します。
必ずカップルには倦怠期があるというわけではなく、カップルにもよって違うし倦怠期のこないカップルもいます。

一般的には3の倍数…つまり3ヶ月ごとにやってくるとも言われています。
そもそも、どうして倦怠期はくるのでしょうか?

倦怠期の原因

恋愛は、付き合う前の段階が一番楽しいとはよく言われます。

相手が自分のことを好きかどうかわからない状況だけども、なんとなくいい感じ

という時です。

ドキドキしたり、相手の言葉に一喜一憂している時期はせつないながらも楽しいのです。
そして、ようやく付き合えることになると…それから1ヶ月はまるで世界で1番幸せであるかのような感覚に陥ります。

付き合い始めの時期は、自分に目を向かせておきたいと思うので必死ですが…時間がたつにつれて「この恋は実った」と安心してしまい倦怠期が訪れやすくなります。

「釣った魚に餌をやらない」という言葉がありますが、特に男性はそうなりやすい傾向が高いです。

他には以下のような状況があげられます。

  1. 自分磨きを怠る
  2. デートの内容がワンパターン
  3. 忙しくて会えないことによるすれ違い
  4. 2人で一緒に楽しめる趣味がない
  5. 相手に対して興味が持てなくなった

倦怠期の解決法

単純に同じ目標を持って行動をしていくことで解決できる場合が多くあります。
例えば共通の趣味を持つようにしてみるのが、一番早く解決できるかもしれません。

趣味といっても小さなことでも構いません。
今までに行ったことがなかったところへの旅行の計画を立ててみるのもいいかと思います。

小さなことでも一緒の共通の目標を持つことで、長く付き合い当たり前になってしまったお互いの存在の新鮮味を取り戻せるきっかけになるかもしれません。

他には、以下のような解決方法もあります。

  1. イメチェンしてみる
  2. 連絡頻度を減らす
  3. 相手のいいところを思い出す
  4. ゆっくり話す時間をもうける
  5. 友達との時間を増やす

まとめ

倦怠期は、必ずしもなるわけではなく…なるカップルとならないカップルがいることがわかりました。

追われるよりも追っていたいというタイプの人も、振り向かせて付き合うことにはなったものの熱がなくなった…という場合もあるかもしれません。

特に同棲をしている場合は倦怠期になりやすいので、注意すべきでしょう。
最初は一緒にいたいと思って同棲したかもしれませんが、一緒にいすぎて新鮮味がなくなり倦怠期に陥りやすいです。

相手が自分のものになったと安心して努力を怠ることなく自分を磨いたり、一緒にいすぎて飽きが早まったりもしてしまうので距離をとってお互いの時間を大事にすることが必要となってくるでしょう。

-恋愛, 行動
-, ,